かわべクリニック

在宅療養支援診療所

かわべクリニック

内科・緩和ケア内科・呼吸器内科

〒577-0843 東大阪市荒川3丁目5番6号 MMビル203

TEL : 06-4309-8119FAX:06-4309-8118

お問い合わせ
求人情報

【看取りの報告書】Fさまのこと

クリニックでは、患者さまが最期の時間を過ごされたご様子を「看取りの報告書」をとしてまとめています。

今までかわべクリニックがお見送りをした患者さまの「看取りの報告書」を、担当看護師の思い出と共にご紹介していきたいと思います。

【看取りの報告書 バックナンバー】
・Eさまのこと
・Dさまのこと
・Cさまのこと
・Bさまのこと
・Aさまのこと

肝細胞癌だったFさま。「薬に頼りたくない」と毎日1万歩を歩き、温泉に行き、苦しみを言葉にして死を受容し、最期まで自由に、自分の思う通りに人生を全うなさいました。

Fさまのこと
~薬に頼りたくない!最期まで自分のあり方で生きたい~

[看取りの報告書]
病院からFさまをご紹介がいただいたのは、ある冬のことでした。
初めてお会いしたときにFさまが「毎日1万歩を歩くことが目標なので、そのために体調を整えてください。温泉にも行きたいので止めないでください」とおっしゃったことが、とても印象的でした。

そこから週に4回、当クリニック医師と看護師が交代で訪問。
毎回1~1.5時間の訪問の中で、Fさまが病気と向き合う姿勢や人生観、死生観、家族への思いなどをお聞きしながら、疼痛コントロールを始め症状緩和に努めました。

翌月に入り、食欲低下、体力低下が見られたものの、念願の温泉にも行くことができました。
さすがに疲労感が強かったのか、ご帰宅後は自宅でゆっくりと過ごされていました。

温泉から戻った3日後のこと。午前に診察にうかがい、夕方から自宅のお風呂に入ったところ、入浴中に心肺停止。
発見された時はご家族さまの動揺もありましたが、気持ちよさそうで穏やかなFさまのお顔を見て、「最後の最後まで自由な人で、自分の思う通りに逝ったね」とお話しされていました。

そしてご家族全員に見守られる中、安らかに永眠されました。
奥様より、「本人はもちろんのこと、家族も心の緩和ケアをしてもらえました」との嬉しいお言葉をいただきました。

[ケアを振り返って]
私たちは、Fさまから多くのことを教えていただきました。

Fさまは、ご自身の苦しみを言葉にして、私たちに伝えてくださいました。
Fさまの苦しみは、他の多くの患者さまの苦しみでもあります。
ご自身の苦しみを伝えられない患者さまも多くいらっしゃる中、私たちはFさまの言葉を通して、多くの患者さまの苦しみ、痛みについて思いを馳せることができました。

Fさまの言葉を、一部ご紹介させていただきます。

「耐えられる痛みであれば耐えてこそ、と昔から教えられてきた。今の痛みと自分自身が向き合って、相談して考えて動くようにしている。」

「痛みのない生活がしたい。でも、『痛みが悩み』。鎮痛剤を使用するのは、自分の身体がダメになる気がする。薬以外でよくなる方法を考えてください!」

「(診察開始後、60分ほどして医療者の電話がなったときのこと)診察中に、電話鳴り、そんな様子であれば患者は落ち着いて話もできない。忙し過ぎるのではないですか?」

「捨てないといけない自負心が強く残っている。それは独りよがりの魂かもしれないが、捨てられません。自分の療養のあり方で生きたい。症状、僕の訴えに対応できる医師に出会い、それをあなたは叶えてくれると思いたい。」

「今の時点で亡くなっても、全く問題がない。孤独を感じる事もあるが楽しく過ごしており、本当に極楽です。寝たきりでだらだらと生き延びるのは嫌。今まで自信満々で生きてきたが、ここに来て、頭打ちの状態で自己嫌悪に陥ることもある。
話をしているときに、先生や看護師さんに否定されることがないので嬉しく話をさせてもらっている。本当は気の小さくて神経質な弱い男です。」

「(亡くなられる2日前)死ぬならぽっくり逝きたいけど、逝けますか?病院でダラダラ生かされるより、家で逝けるものなら逝きたい。」

死の受容は、簡単なものではありません。
Fさまにとって「この苦しみをわかってくれる人」に、私たちはなれたのではないかと思います。
ただ、Fさまの「解決のできない苦しみ」を聞くことは、Fさまを支えたいと思う医療者にとっても苦しみでした。
その苦しみをクリニックスタッフと共有することで、また、私たちも前に進める。
『誰かの支えになろうとする人こそ、一番支えを必要としている』のですから。

[ご家族さまからの手紙]
娘さまより、お葉書をいただきましたので、一部をご紹介させていただきます。

「父が家族の胸に良き面影と楽しい思い出を残し、実り多き生涯に幕を下ろしました。
父は、皆様方と出逢えて長年にわたり楽しい時間を過ごさせていただき、多くの思い出と共に旅立つことができました。
心より深く感謝申し上げます。
きっと故人もいまごろは、あなたさまの優しいお心に喜んでいることと思います。
なお、今後とも私ども遺族に故人存命中と変わりないご厚情を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い致します。」

※プライバシーに配慮し、お名前はアルファベットとさせていただきました。