• かわべクリニック
    • 在宅療養支援診療所

      医療法人綾正会かわべクリニック

      内科・緩和ケア内科・呼吸器内科

  • 〒577-0843 東大阪市荒川3丁目5番6号 MMビル203

    TEL : 06-4309-8119FAX:06-4309-8118

  • 求人情報 お問い合わせ

【看取りの報告書】Zさまのこと

クリニックでは、患者さまが最期の時間を過ごされたご様子を「看取りの報告書」としてまとめています。

今までかわべクリニックがお見送りをした患者さまの「看取りの報告書」を、担当看護師の思い出と共にご紹介していきたいと思います。

Zさまのこと
~母と娘、それぞれの苦しみ…
希望を支えると決めたあとの世界~

[看取りの報告書]
いつもお世話になっております。
ご紹介いただきましたZさまについてご報告させていただきます。

在宅介入当初は、診察時は常に泣きながら「長生きはしたくない、病院には行きたくない、何でこんな病気になったの」と、精神的に不安定な面が強くありました。
先生にも薬物調整等のご教授いただきき、精神面での安定を図りました。
次第に精神面での落ち着きと共に身体的な改善も認められ、経腸栄養ではなく経口摂取での栄養管理が出来て腸瘻の抜去が可能となり、Zさま、またご家族さまにとって安定された療養生活となりました。

しかし娘さまにとっては、再発している状況にも関わらず、母であるZさまの希望である「治療を受けたくない、病院に行きたくない」を叶えることが本当にいいのか…。
迷い、涙される事もありました。
Zさまと家族さまとで何度も話し合い、残された時間を楽しんで過ごすと決めてからは、Zさまの体調の許す限り、ウインドウショッピングや映画鑑賞、物産展など、充実した時間を過ごされていました。

今年に入り、急速な腫瘍の増大、体重減少がありました。
Zさまは私たちに悟られたくないと、診察時に腹部を隠される仕草が見受けられるようになりました。
そして、「痛くないように苦しくないように眠っていたい」とZさまの意志を尊重し、診察・薬物療法にて緩和を図りました。
そして、大勢のご家族さまに見守られる中、安らかに永眠されました。

約2年という長きに渡り、Z家の愛情溢れる家族関係を見守らせていただけたことは私たちの宝となりました。
この度は、ご紹介ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

[ケアを振り返って]

ある日、自宅の壁に掛かっていた表彰状を見て!というZさま。
それは、Zさまの誕生日の日に娘さまが書かれた感謝状でした。

人は誰かを失うことを恐れます。
一方で、抵抗できない現実に対して、解放されたいとも思うこともあります。

Zさまは「治らない病気であれば、治療したくない。家で家族と過ごしたい」という気持ちが強く、娘さまにとっては、「一日でも長く母には生きて欲しい。」「でも『病院に行きたくない、入院したくない、家にいたい』という母の気持ちも理解したい。」
母と娘、それぞれの苦しみ…それをどのように支えていくのか、それはまた私たちの苦しみでもありました。

話し合いを重ね、Zさまの「日々を穏やかに過ごすこと」の希望があり、娘さまも「泣いている母を見るのは悲しい」と気持ちを吐露。
家族みんなで見つけた答えが、「症状緩和をしつつ、行きたい所に行き、食べたい物を食べ、自由に過ごすこと」となりました。

穏やかな気持ちになったある日、Zさまの誕生日に娘さまが贈った感謝状。
ここには娘さまの母への感謝の気持ちだけではなく、娘さまがこれからの母との付き合い方の覚悟のようなものが伝わるってきました。

人は、ただ苦しむのではない。
その苦しみから得られるものがある。
あの日から壁に掛けられていた感謝状が、Zさま、そしてご家族さまの支えとなっていたように強く感じました。

【看取りの報告書 バックナンバー】
・Yさまのこと
・Xさまのこと
・Wさまのこと
・Vさまのこと
・Uさまのこと
・Tさまのこと
・Sさまのこと
・Rさまのこと
・Qさまのこと
・Pさまのこと
・Oさまのこと
・Nさまのこと
・Mさまのこと
・Lさまのこと
・Kさまのこと
・Jさまのこと
・Iさまのこと
・Hさまのこと
・Gさまのこと
・Fさまのこと
・Eさまのこと
・Dさまのこと
・Cさまのこと
・Bさまのこと
・Aさまのこと

第8回ELC東大阪学習会(オンライン)を開催しました。

東大阪プロジェクト
出会うことで人が動き出し、ともに未来を変える
~穏やかなエンディングをみんなで~

東大阪プロジェクトの一環として、定期的にエンドオブライフ・ケア学習会を開催しています。
かわべクリニックだけで開催するのではなく、プロジェクトを拡げるにあたり、メンバーを増やす必要があります。
その流れをくみ、日頃から連携している訪問看護ステーションmusubi の看護師 米島ゆかりさんが、ファシリテーターの資格を取得されたことから、今回のオンラインで講師を務めていただくことになりました。

エンドオブライフ・ケアとは、体や気持ちの苦しみがあっても、その人らしく生きることができるようにケアすることです。
→エンドオブライフ・ケア協会について、くわしくはこちらをご覧ください。

テーマは、「人生の最終段階における援助的コミュニケーション」~苦しみがあっても穏やかに過ごせるように~。
多職種連携での対応から1対1の対応まで、誰にでもできる具体的な対人援助法を事例やロールプレイを通じて学びました。

受講者は、医師3名、看護師8名、理学療法士3名、その他、総勢21名。オンラインという気軽さもあって、全国各地から参加いただくことができました。
大変喜ばしい限りです。

学習会終了後、以下のようなコメントをいただきました。

短時間でもギュと時間で内容も入ってきてワークもじっくりできると実感できました。(介護支援専門員)

とても分かりやすいプレゼンテーションでした。相手を理解するというベクトルと相手が理解してくれる人と認識するベクトルの違いについて簡潔明瞭に提示されていて、勉強になりました。
参加者によるロールプレイがあるのかなと少し期待していましたが、1時間の枠では難しいかもしれません。(臨床宗教師)

今まで研修で勉強していた反復ですが、実践できていないのに気付きました。
日々対応に悩むことも多く色々なケースを教えて頂きたいです。(看護師)

以前に受けた小澤先生の講義を思い出しながら、楽しく拝聴させていただきました。対面式の講義が難しい中、ZOOMを用いてのオンラインで開催していただき、心より感謝してます。
反復はコミュニケーションの最初に欠かせないスキルですが、支援する際には、なかなか出来ていないことも多くあり、今回の講義で改めて大切さを考えることができました。(看護師)

短い時間の中で、伝えたいエッセンスが凝縮していて、わかりやすかったです。
私も講師の経験をしてみたいです。(看護師)

アットホームな雰囲気が出ており、チャット機能を使用した意見交換ではみんな積極的でいろんな意見を知ることができた。(看護師)

講義もわかりやすく、サポートされるホストの先生も良かったです。(医師)

また、下記のような建設的なご意見もいただけました。

反復の練習をするにあたって、長文であると記憶に残らないので反復しにくかったです。
登壇されている講師に集中して聞くのであれば、短文がよいと感じました。(看護師)

ワークの数や参加者の意見をもっと聞いて、実際の事例もあればもっとわかりやすかった感じました。(看護師)

講義中のスライドが若干見にくかったでした。(理学療法士)

私たちは、この学習会に参加していただいた方に、何か一つでも「お土産」を持って帰ってほしいと願っています。
明日からの実践につながるリアルな研修となるよう、今後も工夫を重ね、より充実した学習会の開催を目指してまいります。

次回の第9回ELC東大阪学習会は、9月24日(木)18時からを予定しております。
テーマは、「問いかけ、そして支えるために」が中心となります。
第7回、第8回の続きとなるため、「反復・沈黙」についての復習が必要になります。
復習用のビデオを作成しました(約15分)。
是非ご覧いただき、第9回にご参加ください!

東大阪プロジェクト代表・司法書士の福村雄一先生をご紹介します

今回は、かわべクリニックも共催している東大阪プロジェクトの代表である、司法書士の福村雄一先生をご紹介します。
福村先生のプロフィールはこちらでご覧ください。

「在宅医療に司法書士が必要なの?」と疑問に思われる方も多いかもしれません。
東大阪プロジェクトでは「出会うことで人が動き出し、共に未来を変える」を目標に、終末期医療における「医療と法律」についての取り組みを進めております。

ここから先は、福村先生にバトンをお譲りします。

みなさん初めまして。
司法書士でエンドオブライフ・ケア援助士の福村雄一です。
普段は大阪を拠点として、相続や財産管理に関する業務を行っています。

先日、東大阪市立東大阪医療センターから依頼をいただき、緩和ケア地域連携カンファレンスで講演を行いました。

その一部を今日から数回にわたり、医療者のみなさん向けにブログおよび動画にアップしていきます。

取り上げるテーマは、「医療×法律」
動画のタイトルは、
「在宅緩和ケアの現場を知る司法書士がわかりやすく伝える相続と遺言の話」
です。

医療者のみなさんから、相続や遺言に興味があるという声をたくさんいただきます。
それだけみなさんが知りたいことなんですね。
でも、一方で、学ぶ機会がないという声もたくさんいただきます。
それだけみなさんは知ることが出来ていないんですね。

そこで、今回、相続や遺言を学ぶ場所作りをすることにしました。
今回の動画を通じて、制度や手続の内容だけでなく、相続や遺言の本質をみなさんと共有したいと思います。

私が大切にしていることは「その人らしさ」です。
私は、司法書士を「その人が大切にしているものをカタチにする仕事」だと思っています。

動画の後半では、私が考える「人生会議」というものもお話しします。

共に「医療×法律」を創っていきましょう。

では、まずプログラムのご紹介からスタートします!

新人教育で先輩看護師も成長を!

こんにちは。看護師の川邉綾香です。

かわべクリニックでは、訪問看護師の新人教育を積極的に行っています。
※こちらの記事でもご紹介しています「訪問看護師としての新人指導とは」※

新人教育は、難しいことも多々ありますが、新人と共に教える立場の先輩も成長すると言います。
今回は、私たち指導者はどうあるべきかを考えてみたいと思います。

学習する組織に欠かせない
リーダーのコーチング能力を高める方法
(Harvard business Review 2020.7月号より)

新人に成長を求める上で必要なのは、私たち指導者のコーチング能力であるとつくづく実感しています。
指導者は、どうしても「これして」「あれして」と指示を与えてしまいがちです。
でも、必要なのは指示を与えることではなく、適切なサポートやアドバイスによって、新たなエネルギーやイノベーションを引き起こすこと。
しかしそれは、それは簡単なことではありません。

理想は「指揮統制からコーチングへ」
もちろん、絶対にして欲しいことは指示します。
それは患者さまの不利益になってはいけないからです。
でも、大切なのは、「その理由」をあとから説明すること。
私は、それを心掛けています。

私たちは、知識・経験を伝授する使命があります。
“指示”という形で与えるのではなく、サポートやアドバイスを通してそれらを提供する。
それによって、新人がたえず変化する環境への適応方法を学ぶことを期待しています。
そして、新たな看護観の発見や、豊かな感受性が養われることを期待しています。

【指導者に必要なこと】

(1)答えを与える代わりに問いかけを
(2)部下を評価する代わりに支援を
(3)やるべきことを指示する代わりに成長を促す
(4)相手の洞察力を刺激するような問いかけを発する

その結果として「その人のポテンシャルを引き出し、パフォーマンスを最大化する」ことができるのではないでしょうか。

大切なことは、私自身が人として成長し続けることです。
自分一人が出来たらそれで良いのではない。
私は、自分の持っているものを後世に伝授する必要があります。

そのために必要なことは、指導者としての自分の能力を自覚すること。
これからの私の成長のために、今の私の課題をここに書いておこうと思います。

やがてこれを振り返ったとき、今後の私の成長の証となるようにとの願いを込めて。

【私の今の課題】

「語って押し付ける」のではなく、「尋ねて聞く」。

訪問前、訪問後に新人看護師と振り返りをしています。
その際に、どうしてもこちらが語っしまい、「この方が良くない?」と答えを導いてしまっている傾向にあると感じています。
もう少し、相手に尋ねて聞き、そこから改善点を一緒に見つけ出せたらと思います。

目標は、『新人看護師が自力で問題を解決し、難題に対処できるように後押しすること』
それができる日まで、一緒に成長していきたいと思います!

不安を和らげ、自分を成長させる4つのステップ

こんにちは。看護師の川邉綾香です。

先日、新人看護師から
「患者さまのところに一人で行くのが不安です。どうすれば自信が持てますか?」
と相談を受けました。

不安をどのように克服するか…。
私自身も日常の看護業務を行なう中で、不安がないと言ったら嘘になります。
ただ、出来る限り不安なく看護ケアするにはどうしているか、ご紹介させていただきます。

ここから先は、私が常日頃愛読している『Harvard business Review』を参考に話を進めていきます。

不安とともに生きる
どうにもならない状況を自ら好転させる不安を和らげる4つのステップ
(『Harvard business Review 』2020.8月号より)

※この本での“リーダー”とは経営者を指します。
私たち看護の世界では、患者さま・ご家族さまにとってのリーダーは看護師であるとして話をすすめます

ここで用いられている「4つのステップ」を看護に置き換えて考えていきます。

【ステップ1】自分の感情に気付き、受け入れる
私は、日頃の看護実践の中で、自分の感情を把握するように心がけています。
それは、喜怒哀楽に加え、不安も同様です。

不安を感じ悩んだときにまず行なうことは「振り返り」です。
いつ、何がきっかけで不安に襲われ、どう対処したのかを自己分析すること、
つまり、「不安を抱いている自分に向き合う」作業を行います。

また、不安な気持ちが芽生えた時に自分がどう反応するのか、知っておくことも大切です。
焦ってパニックになる、思考停止になる、とりあえず身体が動く、などなど…。
看護実践においても、患者さまの状態が想像と違ったので対応できない、患者さまやご家族さまから質問されたのに答えられない、などの経験したことはありませんか?

大切なのは、今までの振り返りや経験値から、次の策はもとより、第3、第4、第5の策まで用意すること。
これにより、対処能力が上がります。
目標は、完璧な成果を上げることではなく、不安の波をうまく乗り越える術を学ぶことです。
「すべてうまくいった」と感じられなくても、自分をほめてあげてください!

【ステップ2】不安に対処するために行動する
まずは、時間を計画的に使うことが大切です。
病棟業務や訪問看護業務でも、一日の行動計画、つまりタイムスケジュールを立てて行動する。
それが計画通りに行くと落ち着きませんか?

「時間の管理」が改善すると、メンタルヘルスにも好影響があることがわかっています。
自分でコントロールが可能な事柄(情報収集や報告、看護記録など)は、時間を決めてその時間内に終わらせる努力をする。
その結果残された時間を自分自身のいたわりの時間として活用でき、ささやかでも有意義な行動を取ることができると考えています。

不安に陥ると、今まで出来ていた目の前の仕事でさえ、容易に押し潰されそうになります。まずはゆとりのある行動を心がけてはいかがでしょうか。

【ステップ3】リーダーシップへの影響力を抑える
在宅医療において、患者さま・ご家族さまにとって“リーダー”は看護師です。
つまり、患者さま・ご家族さまを良いと思う方向へ導くことも役割の一つなのです。

しかし、不安は判断力の低下を招きかねません。
自分の不安から事実をゆがめて受け止めてしまい、結論を急ぐおそれがあります。
まずは、感情のせいで物事を正しく受け止められない恐れがあること、その結果として後ろ向きの考えにとらわれがちになってしまう自分を、正しく認識する必要があります。

振り返りを行い、患者さま・ご家族さまにとって苦しみは何かを明確にする。
そして自分と向き合い、自分自身の苦しみは何かを明確にします。

私たち“リーダー”が患者さま・ご家族さまに与える影響の大きさについて、自覚しておきましょう。

【ステップ4】サポート体制を築く
不安を乗り越えるための最終段階は、継続的なサポートを確保することです。
不安に襲われた時の対処法の確立、自身のメンタルヘルスの維持に向けた土台作りをします。

特に気の重い仕事は、細分化して心理的な負担を軽減すると良いと言われています。
不安の原因が何かを具体化することを意味していると考えます。
不安を呼び起こしそうな状況や出来事に備えることで、対処能力が上がると考えます。

いかがでしょうか。
「不安を感じるのは悪いことではない」
不安からの振り返りは、自分を成長させてくれるものなのです!
不安を感じたときは、まずは自分自身を見つめ直してみてください。