• かわべクリニック
    • 在宅療養支援診療所

      医療法人綾正会かわべクリニック

      内科・緩和ケア内科・呼吸器内科

  • 〒577-0843 東大阪市荒川3丁目5番6号 MMビル203

    TEL : 06-4309-8119FAX:06-4309-8118

  • 求人情報 お問い合わせ

【看取りの報告書】AKさまのこと

クリニックでは、患者さまが最期の時間を過ごされたご様子を「看取りの報告書」としてまとめています。

今までかわべクリニックがお見送りをした患者さまの「看取りの報告書」を、担当看護師の思い出と共にご紹介していきたいと思います。

AKさまのこと
何度もACP、困難を乗り越えて、今ベストと思うことを!
そしてたどり着いた答えとは…

いつもお世話になっております。
11月に退院されましたAKさまについてご報告させていただきます。

AK家とはまず、AKさまの旦那さまががん末期と診断され、在宅療養を希望されたためお伺いしたのが関わりの始まりでした。
当初は旦那さまの診察だけだったのですが、娘さまより「母(AKさま)が薬を飲まない、食事量にムラがある」などの相談が増えたため、体調管理や薬剤管理を含めた介入となりました。

そのような中、長年連れ添った旦那さまが亡くなられました。
AKさまは、旦那さまの死をなかなか受け入れることが出来ず傷心し、自立神経の乱れや気力が失われた日々が続きました。

娘さまの献身的な介護にも関わらず、AKさまは口調が荒くなり衝突する日々。
病状の悪化と共に、食事・水分摂取量が顕著に低下する等、在宅療養が難しいと判断し、入院となりました。
しかし娘さまの中で、最期は自宅で過ごさせてあげたいという思いがつのり、退院に。
自宅に戻る道中で、好きなお寿司とたこ焼きを購入し、機嫌よく嬉しそうに食べていたAKさまの姿が今でも思い起こされます。

日々状態が悪化する中でも、「早く元気になって、お野菜を買いに行きたい」と希望を語っておられました。
そして、ご家族に見守られる中、安らかに永眠されました。

AKさまとご家族さまは、声をそろえて、「主治医の先生は説明も丁寧で、すごく良くしてもらい、幾度となく助けてもらい感謝しかない」とおっしゃっていただいたこと。
また、ご家族さまが「自宅で看取ることができ良かったです」と、達成感のある表情でお話しくださったことが印象に残っています。

この度は、本当にお世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

[ケアを振り返って]
今回のキーパーソンは、AKさまの娘さまでした。

私たちは、がん末期であったAKさまの旦那さまの訪問診療からスタートし、旦那さまの疼痛緩和、服薬管理、そして食事の相談などケアを行ってきました。

娘さまには精神疾患がありました。
ご本人から「辛くなった時のサイン」について伺っていたため、表情や睡眠状況も確認し、介護が負担にならないように、真面目な娘さまの性格を理解した上で、手を抜く方法などもお話ししました。

軽度認知症があるAKさま。
徐々に弱っていく旦那さまの姿をみて不安が募ったためか、また旦那さまにばかりケアが行われることに嫉妬されたのか、赤ちゃん返りのような行動が見られました。
これにより娘さまの負担は一気に増え、娘さまの休息のためにも入院措置が必要ではないか、というところまでに至りました。
AKさまの認知機能の悪化に不安を感じたケアマネージャーさんからも、AKさまに医療介入をして欲しいと依頼があり、私たちが介入しました。
それにより、娘さまは一時的に穏やかさを取り戻せるようになりました。

しかし、がん末期の旦那さまと認知症のAKさまの両方の介護負担は、娘さまにかかります。
旦那さまは自宅での最期を希望しているが、現状では娘さまが潰れてしまいそう…。
どこで過ごすと穏やかなのか?
旦那さまは娘さまのことを思い、病院に入院することを選ばれました。
結果、その1週間後、病院での看取りとなりました。

すると、AKさまの落ち込みは更に激しくなり、完全な無気力状態、脱水傾向に。
AKさまを介護する娘さまもまた、心身ともに疲弊していきました。

AK家にとっての休息と身体の立て直しのためにどうしたらいいのか。
話し合いを行った結果、AK さまは腎機能の悪化もあり入院となりました。

AKさまは入院後も変わらず食べない、飲まない、拒薬などの行動は続き、娘さまは毎日のように自転車で片道30分かけて面会に行き、病院でも介護をしていました。
そして主治医から、今後は胃瘻やCVポートによる高カロリー輸液での栄養管理の提示がされました。
「私ひとりでは決められません」と娘さまからクリニックに電話があり、私たちと一緒に考えることになりました。
自宅で過ごすとなると、彼女のできること、できないこと、誰かに委ねることなどなど…。
これがACPです。
ひとりで抱え込まず、一緒に考え、支えることを約束しました。

そして、娘さまの出した答えは「母を自宅に連れて帰り、自然な形で過ごしてもらう。父の時には叶わなかった自宅での看取りをすること」。

退院してからの12日間の療養では、どこか落ち着いた様子でAKさまを見守る娘さまの姿に、安心感を覚えたほどでした。
父と過ごした日々があってこそ、穏やかな母との在宅療養があったのかもしれません。

私たちは、ご本人さま、そしてご家族さまと共に考え、歩める。
そんなケアスタッフでありたいと思います。

【看取りの報告書 バックナンバー】
・AJさまのこと
・AIさまのこと
・AHさまのこと
・AGさまのこと
・AFさまのこと
・AEさまのこと
・ADさまのこと
・ACさまのこと
・ABさまのこと
・AAさまのこと
・Zさまのこと
・Yさまのこと
・Xさまのこと
・Wさまのこと
・Vさまのこと
・Uさまのこと
・Tさまのこと
・Sさまのこと
・Rさまのこと
・Qさまのこと
・Pさまのこと
・Oさまのこと
・Nさまのこと
・Mさまのこと
・Lさまのこと
・Kさまのこと
・Jさまのこと
・Iさまのこと
・Hさまのこと
・Gさまのこと
・Fさまのこと
・Eさまのこと
・Dさまのこと
・Cさまのこと
・Bさまのこと
・Aさまのこと